マイナス5歳を叶える!目の下のしわ撃退マニュアル

もう悩まない!気になる目の下のしわ改善法

サイトマップ
HOME » 目元のしわを悪化させないスキンケアQ&A » 目の下のしわに効く有効成分って?

目の下のしわに効く有効成分って?

目元にできたしわを薄くするために、基本となるのは保湿とコラーゲン補給です。

毎日使う化粧品で、しわに効果的な成分を補えば、ガンコなしわも改善できるはず。

そこで、美容成分をいくつかピックアップし、その効果や特徴を解説しましょう。

目元のしわを改善する成分はコレ!美容成分ラインナップ

しわのある肌へコラーゲンを補給するものや、しっとり保湿する成分を中心に、代表的な美容成分を紹介します。

コラーゲン

肌の奥にある真皮細胞で約7割を占める成分がコラーゲンです。

ハリや弾力を与える美容成分として、化粧品によく配合されていますが、多くは動物性コラーゲンや海洋性コラーゲンで、分子量が大きいため、肌の真皮層まで浸透することはありません。

最近開発された、低分子コラーゲンなら角質層や真皮層まで浸透させることができるので、低分子のものを選ぶとより効果的。

※高分子のコラーゲンであっても表皮を潤す効果はありますので、全く効果がないというわけではありません。

アミノ酸

角質層や真皮層の細胞に存在し、潤いを保持する役割を果たしているNMF(保湿因子)は、主にアミノ酸でできていると言われています。

さらに、真皮で網の目のように繊維を張り巡らせて皮膚に弾力を持たせているコラーゲン線維は、アミノ酸などを原料に体内で合成されています。ですから、肌を保湿する効果もコラーゲンを増やす効果も期待できるアミノ酸は、美肌作りに必須であると言えるわけです。

ヒアルロン酸

美容外科クリニックなどでは、しわを取る方法としてヒアルロン酸注射がよく行われていますから、しわ取りと言えばヒアルロン酸をイメージする人が多いかもしれません。

ヒアルロン酸は肌の真皮層に存在していて、コラーゲン線維やエラスチンの間を埋めている成分。水分保持力が高く、600倍もの水分を保つことができると言われています。

保湿効果を期待してたくさんの化粧品に配合されていますが、基本的には分子量が大きいために肌に浸透することはありません。

低分子ヒアルロン酸と言われるものでも、真皮まで浸透することはないので、あくまで角質層を保湿する成分であることを知った上で使用しましょう。

>>注目!目の下・目尻のしわに効く人気化粧品3選<<

メーカーオリジナルの成分や注目の新成分ピックアップ

ここでは、メーカーが独自で開発しているオリジナルの美容成分や、最近の研究により生まれた注目の新成分を紹介しましょう。

ビタミンC生命体・アミノ酸生命体(リソウ)

肌の真皮でコラーゲン合成に大きな役割を果たすアミノ酸ビタミンC。とても壊れやすく、生のままでコスメへ配合することが難しい成分であり、この二つを効果的に肌へ届けることは、美肌作りのための必須の課題でした。

そこでリソウが開発したのは、独自の“生命体”という成分。

酸化しやすく変性しやすいビタミンC(アスコルビン酸)を、そのままの形で化粧品へ配合することに成功し、これを“ビタミンC生命体”と命名しました。

さらに、18種類ものアミノ酸が含まれる「コメ発酵エキス」を無農薬栽培したお米から特殊な技術を用いて抽出し、“アミノ酸生命体”と名付け、化粧品へふんだんに配合しています。

フラーレン・アルジルリン(Dr.わかば)

フラーレンは、宇宙に存在する微量の物質を研究していて偶然発見されたという成分。ダイヤモンドやグラファイトと同じ、炭素だけで構成されていて、ビタミンCの172倍という強い抗酸化力を持っているのが特徴です。

紫外線を浴びてしまった肌の活性酸素を除去したり、メラニンができるのを抑制したりと、シミを薄くする効果があります。

また、神経伝達物質のアセチルコリンの働きを弱めることで、顔の表情筋の収縮を抑えてしわを改善する働きをするのがアルジルリン。これはしわ取り注射でおなじみのボトックスとほぼ同様の効果が期待できる成分です。

Dr.わかばのドクターズコスメ、フラセラシリーズは、フラーレンアルジルリンなどの最新美容成分を贅沢に配合して、年齢やストレスに負けない肌へと導いてくれます。

老け顔とサヨナラ!化粧品でしわ対策
ページTOPへ