マイナス5歳を叶える!目の下のしわ撃退マニュアル

もう悩まない!気になる目の下のしわ改善法

サイトマップ
HOME » 目元のしわを悪化させないスキンケアQ&A » クレンジング・洗顔でしわができるってホント?

クレンジング・洗顔でしわができるってホント?

乾燥やコラーゲン不足がしわの大きな原因だと考えられますが、日常のケアでも目元のしわを増やしてしまうことがあります。

正しい洗顔やクレンジングのポイント、NGなスキンケアについて解説しましょう。

肌に負担や刺激を与える洗顔はしわの原因となる!

目元の皮膚はとても薄くてデリケート。強くこすったりして刺激すると、すぐに乾燥したりたるみが起こります。

指による物理的な刺激や、強い洗顔料による洗い過ぎは、ダイレクトに目元のしわへとつながってしまうのです。

スキンケアの中でも、洗顔やクレンジングは顔をこすってしまいがち。しかも、目元はアイメイクが濃かったりすると、余計にゴシゴシしてしまいますよね。

ですから、無駄に刺激を与えないようなクレンジング剤や洗顔料を選び、指でこすらないように注意して汚れを落とす必要があるのです。

メイクとクレンジングは相性が良いものを選ぶべし

クレンジングで最も大切なのは、ファンデーションやアイシャドーと相性の良いクレンジング剤を選ぶこと。メイクなどの汚れがすぐに落ちるクレンジング剤を選べば、肌に刺激を与えずにサッと落とすことができるからです。

相性が良いというのは、ファンデーションの落ちにくさとクレンジングの落ちやすさのバランスが取れている状態のことを言います。

落ちにくいメイクに洗浄力の弱いクレンジングでは、落とし残しが出てしまうのでNG。逆に、軽いメイクに強力なクレンジング剤を使ってしまっては、肌へ余計な負担をかけてしまうので、これまたNGです。

洗い過ぎは厳禁!こすらず優しくサッと洗顔せよ

洗顔の時にも強い刺激を与えてはいけません。汚れをきちんと落とすことは大切ですが、洗い過ぎると肌に必要な水分や表面をカバーする皮脂まで奪ってしまい、肌の保湿力やバリア機能を低下させてしまうのです。

これは、目元のしわに直結する危険な要因です。

洗顔料は良く泡立てて、指でこするのではなくモコモコの泡で包むように洗うのが基本。肌を乾燥させないようにするには、この洗い方がベストです。

さらに、すすぎが念入り過ぎると洗顔後の肌が乾燥してしまうので、水かぬるま湯で時間をかけずにサッと洗い流します。

間違ったスキンケアはしわを呼ぶ!基礎化粧品の正しい使用法

洗顔やクレンジング以外でも、スキンケアの中には間違った方法が良いと信じられている場合がありますから要注意。

以下に、間違いがちなNGスキンケア法と正しいスキンケア法をまとめました。

NGスキンケア法→正しいスキンケア法への改善法

誤)肌に悪いからダブル洗顔をしない

正)ダブル洗顔は必須!

肌の汚れを落とすのはスキンケアの基本。メイクのような油汚れと、水で落ちる肌の汚れは違うので、クレンジングと洗顔でダブル洗いは必ずしましょう。

誤)スクラブや毛穴パックなどで汚れを根こそぎ落とす

正)肌を傷つけるケアはNG! たっぷり泡立つ洗顔料で優しく洗う

スクラブ洗顔料は、細かな粒々で肌表面の古い角質を落とすアイテムですが、このような方法では、明らかに肌を傷つけてしまいます。

同様に毛穴の詰まりを取るとうたった毛穴パックなどもNG。強力な粘着力で、肌の表面を無理に剥がしてしまうからです。肌に刺激となる洗い方は絶対に避けましょう。

誤)化粧水をコットンに含ませてパッティングする

正)化粧水は手にとって肌へ直接つける

コットンを使って化粧水をパッティングしている方も多いかもしれませんが、目元の肌にはコットンが刺激となってしまいます。

化粧水はコットンを使わず、手で優しく肌へのせましょう。

誤)日中はスプレータイプの化粧水を使って潤い補給をする

正)スプレー化粧水だけでなく、乳液やクリームも一緒に使う

オフィスなど空調の効いた場所に長時間いると、どうしても肌が乾燥してしまいます。そんなときは化粧水のスプレーをシュッと吹きかけてしのぐ、という人が多いかもしれません。

しかし、スプレータイプの化粧水は手軽に保湿できて便利ですが、実はあまり潤っていないばかりか、かえって肌を乾燥させてしまう可能性があります。スプレーした水分はすぐに蒸発してしまい、そのとき元々あった肌の水分まで一緒に奪ってしまうからです。

化粧水のスプレーを使用するときは、その後に乳液やクリームでカバーすれば水分の蒸発を防ぐことができます。

誤)クリームや乳液は肌にふたをするようにたっぷり塗る

正)乳液やクリームは適正量を守ってうっすらと塗る

化粧水でしっかり保湿したら、水分がなくならないように多めにクリームを塗る、という人は要注意。

油分が多すぎると、肌の表面で酸化して刺激となってしまい、肌の老化スピードを早めてしまうことも。肌を守るつもりが、大人ニキビや肌の老化を招いてしまうのです。

老け顔とサヨナラ!化粧品でしわ対策
ページTOPへ