マイナス5歳を叶える!目の下のしわ撃退マニュアル

もう悩まない!気になる目の下のしわ改善法

サイトマップ
HOME » 原因はなに?目の下のしわを作る5つの強敵 » 1:浴びるほどに老化する「紫外線」

1:浴びるほどに老化する「紫外線」

美しい肌を保つために紫外線は大敵。紫外線から肌を守る対策は、美白への第一歩と考えられていますね。

しかし、白い肌を保つためだけではなく、しわのない肌を目指す方にとっても、紫外線対策は重要です。ここでは、しわの原因となる紫外線の害について考えてみましょう。

紫外線で肌が老化する⁉ “光老化”の起こる仕組み

太陽からの光は私たちにとってとても大切なもの。光合成をしたり、体内でビタミンDを作り出したりと、植物や人間が生きていくために必要不可欠なものです。

しかし一方で、太陽光が私たちの体へ害を及ぼすことも指摘されています。太陽の光は可視光線と赤外線、紫外線の3つに分けることができますが、このうちの紫外線は、私たちの肌へ重大なダメージを与えてしまう厄介者です。

紫外線は目に見える光ではありませんし、赤外線のように温かさを感じるものでもありません。しかしながら、当たると化学変化を起こしやすく、最もエネルギーが強い光なのです。人間の表皮や真皮にまで届き、細胞を傷つけて肌の弾力を奪ってしまいます。

長年紫外線を浴び続けた肌は、光による老化現象=“光老化(こうろうか)”を起こしてしまい、バリア機能や保湿機能が低下してしまいます。

紫外線にはUVAとUVBがある

肌によって厄介者である紫外線には、“UVB”“UVA”という2種類の波長があります。UVBは表皮までしか届きませんが、UVAはもっと深く真皮層まで到達してしまうそうです。

この二つが肌へ与えるダメージについて、まとめてみました。

UVBが肌へ及ぼす影響

日焼けして肌が黒くなるのは、紫外線の中でもUVBの影響です。UVBは表皮までしか到達しませんが、表面の細胞を傷つけて赤く炎症を起こし、表皮のなかのメラニンを酸化させて肌を黒くするのです。傷つけられた表皮の細胞は、キメが乱れて乾燥しやすく、小じわやちりめんジワの原因となってしまいます。

UVAが肌へ及ぼす影響

UVBの20倍もの量が地上に降り注いでいると言われていて、私たちの肌の真皮層にまで届きます。真皮細胞では、コラーゲンの繊維やエラスチンがクッションのように表皮を支えて持ち上げていますが、UVAはこれらの繊維を変化させ、弾力や保湿力を奪ってしまうそうです。真皮しわができてしまう大きな原因は、このUVAにあります。

紫外線から肌を守ることが重要

お肌の光老化を防ぐためには、何よりも紫外線を浴びないようにすることがポイント。

日焼け止めは夏だけでなく一年中忘れずに塗り、帽子や日傘を活用しましょう。

日焼け止めの表示には“SPF”“PA”という2種類ありますが、このうちUVBをカットする値はSPF、UVAをカットする値はPAで表されています。SPFは数字が大きい程カット率が高く、PAもまた+の数が多い程UVAのカット率が高くなります。

例えば、「SPF20・PA++」の日焼け止めなら、何も付けていない状態と比べて、UVAカット率は4倍から6倍となりますし、UVBのカット率はなんと20倍にもなるそうです。

紫外線を浴びてしまったら…厳重に保湿&ビタミンケアを

日焼け止めを塗らずに外へ出て、うっかり日焼けをしてしまったら…どのようなケアをすればよいのでしょうか。

紫外線のUVAとUVBによる影響は、表皮への日焼けや炎症だけでなく、乾燥によるしわの増加真皮へのダメージなど、様々な害が考えられます。まずは、表皮のダメージを和らげるために炎症を鎮めて乾燥させないケアを心がけましょう。保湿力の高い成分が配合された化粧水などをたっぷり使ってパックし、十分に保湿してあげること。その後はクリームなどで表面をしっかりカバーします。

真皮へのダメージを和らげるために、ビタミンCやビタミンEなどが配合された美容液を使うのもおすすめ。ビタミンCは真皮でコラーゲンの生成を助ける働きがあるので、弾力を失ってしまった肌をふっくらとさせる効果があります。さらに、強い抗酸化作用で肌の老化を食い止める働きも期待できます。

老け顔とサヨナラ!化粧品でしわ対策
ページTOPへ