マイナス5歳を叶える!目の下のしわ撃退マニュアル

もう悩まない!気になる目の下のしわ改善法

サイトマップ
HOME » 原因はなに?目の下のしわを作る5つの強敵 » 5:夜更かしでブスまっしぐら「寝不足」

5:夜更かしでブスまっしぐら「寝不足」

「睡眠不足はお肌の敵!」ということは分かっていても、なかなか止められない夜更かし。若い内はまだまだ大丈夫、と侮っていませんか?

睡眠不足は、確実にお肌の老化を進めています。そこで、寝不足がもたらす大きな害についてまとめました。

寝不足で肌が退化する⁉睡眠不足が肌トラブルを起こすしくみ

私たちの体は、眠っている間に最も盛んに細胞分裂を行っているそうです。

古い細胞を排出して新しい細胞を作り出す新陳代謝は、私たちの体を成長させたり、健康に保つために必要不可欠なこと。

睡眠時間が少なくなると、全身の細胞を新しくすることができず、古い細胞が溜まってしまったり、新陳代謝が滞って体のあちこちが機能低下を起こしてしまいます。

新しい細胞を作り出すことができなくなることは、すなわち老化へつながるわけです。

特に肌への影響は大きく、表皮でも真皮でも新しい細胞を作り出すことができず、肌のターンオーバーが正常にできなくなります。

表皮に古い角質が溜まって肌荒れ炎症を起こしてしまったり、しわやたるみができてしまうこともあるのです。

お肌のゴールデンタイムを逃さないで!

1日の睡眠時間は7時間前後が理想だとされていますが、睡眠時間を十分にとっていれば、いつ寝てもよい、というわけではありません。

実は、成長ホルモンが盛んに分泌されて細胞増殖が行なわれる時間は、22時から翌2時の間の4時間だと言われています。

さらに、この時間帯は、昼間に受けたダメージを肌の細胞が積極的に修復している時間だともされています。したがって、この4時間に睡眠を取っていることが美肌を作るカギとなるそう。

この時間帯は、別名“肌のゴールデンタイム”とも呼ばれているのです。

ゴールデンタイムを逃さず、毎日の睡眠時間をキチンと確保することが、お肌の老化を食い止めるための重要なポイントとなります。

保湿&ビタミンコスメで肌トラブルを乗り越えよう

仕事や家事、育児の都合で、どうしても睡眠不足になってしまう…という人は、どう対処したら良いのでしょう。

睡眠不足が続いて肌トラブルが起きたら、まずは表皮の保湿をしっかり行うことが先決。

特に、目元の皮膚は薄いので、疲労や寝不足ですぐに乾燥してしまい、小じわにつながってしまいます。そうなる前に、たっぷりと保湿して表面をカバーしておくことで、ダメージを最小限に食い止めて肌の再生を待ちましょう。

さらに、皮膚のもっと深い部分の真皮にまでダメージを受けてしまった場合は、壊れてしまったコラーゲン線維を新たに合成して取り戻すよう、サポートする成分が配合されたコスメでケアすることが重要。

コラーゲンの原料となるアミノ酸や、コラーゲン合成のサポートをするビタミンCなどが含まれている美容液などで、しっかりケアしてあげましょう。

老け顔とサヨナラ!化粧品でしわ対策
ページTOPへ