マイナス5歳を叶える!目の下のしわ撃退マニュアル

もう悩まない!気になる目の下のしわ改善法

サイトマップ
HOME » どれから始める?目の下のしわ対策

どれから始める?目の下のしわ対策

目の下にちりめんジワや小じわを見つけたら…。愕然としますよね。

そんなとき、どんなケアをすればいち早くしわを消すことができるのか、有効な方法について紹介していきましょう。しわの種類別にしわができてしまう原因についても知っておくと、しっかり予防・改善のスキンケアができますからね。

目の下にできるしわは大きく分けて2つ

目元のしわには2種類あると言われています。それぞれ、形状やできる場所、改善しやすさがことなりますから、自分のお悩みがどちらのしわなのかを確認しておきましょう。

乾燥による小じわ・ちりめんジワ

目の下や目尻などに、細かく入ったちりめんジワや小じわは、主に乾燥が原因。20代や30代の若い人に多いタイプのしわです。

目元の皮膚は薄くて水分保持力がなく、マメに保湿しないとすぐにカラカラに乾燥してしまいます。こうして表皮のキメが乱れてしわが発生するのです。

このような小じわやちりめんジワは、まだ皮膚の表面に近い角質層で起きているので、しっかり水分補給した後に油分で表面をカバーすれば、十分に改善の余地あり。保湿力の高いコスメでケアしましょう。

コラーゲン不足による真皮じわ

長年、乾燥紫外線にさらされたり、同じ表情を作り続けたことで、角質層の奥の真皮にまで深く刻まれてしまったしわ。真皮細胞は角質層の奥にあり、コラーゲンやエラスチンなどの繊維によって、角質層をふんわりと持ち上げる役割をしていますが、紫外線によるダメージなどによってコラーゲンの繊維が切れてしまい、弾力を失ってしまうのです。

真皮にまで到達したしわは、なかなか改善されません。しかし、肌の奥にまでコラーゲンを届けるようなコスメでケアしたり、エステや美容皮膚科で施術を受けることで改善の可能性があります。

いますぐ始められる!4つのしわ解消法

自宅でできるセルフケアから、エステサロンのケア、美容外科での治療まで、4つタイプのしわ解消法を紹介します。

セルフケアでしわを消す

目の周りのつぼ押しマッサージや、目を動かす筋肉のコリをほぐすトレーニングで、目元のしわやたるみ、クマなどのトラブルを解消する方法。ゴシゴシこすったり、強く刺激し過ぎないのがポイントです。

セルフケアでしわを消す方法を詳しく見る>>

化粧品でしわを消す

しわの原因を取り除いて、繊細な皮膚を優しくケアする目元のケアアイテムを紹介。コラーゲン不足や乾燥に特に効果的な美容成分が、ふんだんに配合されたコスメをピックアップしています。

目の下や目尻のしわに効く!おすすめ化粧品3選を見る>>

エステ・美顔器でしわを消す

超音波美顔器を使うセルフエステや、イオン導入などでしわ改善を目指すエステサロンの施術ついて解説します。

セルフエステやエステサロンでしわを消す方法を詳しく見る>>

美容外科でしわを消す

ヒアルロン酸やボトックス注射、糸を使ったリフティング、外科手術によるしわ取りなど、美容外科で行われる施術法について紹介しています。

美容外科での施術方法を詳しく見る>>

老け顔とサヨナラ!化粧品でしわ対策
ページTOPへ